RSS | ATOM | SEARCH
スティッカム
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
琵琶湖1泊2日行ってきたよー 1日目
 

4月29、30日に琵琶湖へ自転車で行って来ましたよー。
前日にデジカメを買ったのでたくさん写真撮りました。


とりあえずスマホの地図を見ながら、「だいたいあっちの方」を目指しながら自転車を走らせ始めました。











気づかないうちに木津川のサイクリングロードにのっていました。
サイクリングロードっていいもんですね。信号などでいちいち止まらずに走り続けられるのは気持ちがいいもんです。
車でいう高速道路みたいなもんですね。

サイクリングロードではたくさんのスポーツバイク乗りの人がいました。
驚いたのはお年寄りの方が結構いたこと。小学生くらいの女の子を連れた家族もいました。


少し走り続けると、おじいさんが川のほうを眺めているので何かと思ってみてみたら・・・



↓長くなりそうなので続きへ


 









馬がいました。乗馬やってました。












なんとなく撮った景色。








木津川の横走ってきましたよーの写真。







淀川のわき走りますよー。





宇治川に入りましたよー。


そしてマック。




京都のマックは外観がおしゃれです。





こんなんもありました。





川の河川敷を通っていると、




なんかあまり見かけない鳥がいました。
カメラを構えていると、この鳥は写してほしいのか







近寄ってきて・・・






ポーズを決めてくれました。こいつはカリスマモデルかなにかです。







鳩もいました。





遠くに京都タワーが見えました。





千と千尋の神隠し。









なんか良さ気な風景。


そして!4時間半自転車を走らせ続けた結果・・・






琵琶湖に到着!
琵琶湖の広さを写真に収めたかったのですが、うまくいかなかったのです。実際見た感動は撮れなかったです。











釣りしている人がたくさんいました。
天気があまりよくなかったのが残念でした。





お昼。ケバブとクレープ。3時ですけど。
琵琶湖を眺めながら食べました。

この写真見たらなんか凄いナヨナヨしてそうなイメージですね。ゴリゴリですよゴリゴリ。





噴水。曇っててイマイチでした。





船にたくさんの人が乗り込んでました。


琵琶湖を離れて山へ。





比叡山です。
ここまで自転車で登ってくるのはかなりきつかったです。
ここからケーブルカーで延暦寺まで行けます。

せっかく登ってきたのに延暦寺はもう時間的に見れないらしかったのです。
翌朝また来ようかとも思ったのですが、坂がきついのと金銭面で断念。リベンジしたいところです。


この日は最後に琵琶湖大橋を渡って草津のホテルを目指しました。
















思っていたより遠くて道の駅草津で休憩。





この日泊まったのは「ビジネスホテル アサヒ」さん。
安く済ませたかったので夕朝飯無しで5000円。部屋は値段の割に文句なしのいい部屋でした。
なにより受付のおじさんが優しく、とても助かりました。
草津付近へ一人旅の際にはぜひどうぞ。





受付のおじさんに場所を聞いて「極楽湯」に行って来ました。マジ極楽。



一日目はだいたいこんな感じ。
疲労もそこそこあったので夕飯のマックを食べた後、すぐに寝ました。なぜかあまりよく寝れなかったのですが・・・(´・ω・`)

この日、自転車を走らせながら見た気温は31℃でした。「嘘つけwww」とか思いながら汗をしっとりかいてました。

そもそも自転車旅だってのにカーゴパンツで行ったのは本気で後悔しました。
サイクリングロードですれ違う人はみんなスポーティな格好でした。自分は完全に私服。舐めてました。自転車を。
少なくとも、もっと動きやすい格好で行くべきでした。

走りながら考えた今回の旅の目標は「きつい坂でも自転車を漕ぎ続けること」「自転車をひいて歩いてはダメ」ということ。
もちろん人が多い場所や危なそうな場所は降りますが、基本的には脚のトレーニングのため漕ぎ続ける!

全くいい運動になりました。






2日目の記事へ続く





author:低速k(きい), category:日記, 20:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:35
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://rorikonn.jugem.jp/trackback/1004